桜草唐草(Y-1090)

江戸時代、文化文政期「華」から
「粋」へと洗練に向かいます。
その中で、有職文様に由来する「桜草唐草」が生まれました。
花茎が長く伸び、おだやかに咲く花が春の桜を思わせます。
花言葉―希望に満ちる。魔除け厄除けの意味を持ちます。

カテゴリー: 草木文様   パーマリンク

このデザインに関連する商品

サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー ブラウン デザイン 嵯峨野 重さ 350g 生産地 京都・日本 【HAKU KARAKAMI(箔唐紙)とは】 金箔の上に版木で押した唐紙。 唐紙の持つ手仕事の風合いと金箔の … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -SAGANO-(嵯峨野)
¥21,000(税込)

サイズ 18cm×18cm×1.5cm カラー ピンク×白キラ デザイン 変り七宝 重さ 150g 生産地 京都・日本 【HAKU KARAKAMI(箔唐紙)とは】 金箔の上に版木で押した唐紙。 唐紙の持つ手仕事の風合い … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -SHIPPO-(変り七宝)
¥16,800(税込)

日本庭園では、冬の霜から苔を守るために松葉を敷きました。 茶人はこれを大切な行事とし、秋が深まると庭に松葉を敷き、 緑が徐々に茶色に変わる様子を風情としました。 紙と摺りの色は組み合わせ自由です。 サイズ 30cm×30 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI-SHIKIMATSUBA-(敷き松葉)
¥21,000(税込)