華唐草(Y-1089)

唐草は蔓性植物文様を意味します。「唐」といっても中国の唐の時代の柄という事ではなく、日本では渡来品、外国品という意味で「唐草」の語を使ってきました。この唐草文様の歴史は古く、世界各地の広範囲にバラエティーに富んだ文様を見る事ができます。華唐草は、平安時代の料紙に使われていた柄で、国内でからかみが作られ始めた当時の図柄を復刻したものです。

カテゴリー: 草木文様   パーマリンク

このデザインに関連する商品

菱の実だけを食べて長生きしたという中国の仙人の伝説や、 竜の怒りを鎮めるため、女の子をいけにえとして捧げる代わりに 菱の実を差し出したというインドの仏典の説話などに由来します。 菱型には厄除け魔除けの意味があり、この文様 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HISHIKARAKUSA-(二重菱唐草)
¥16,800(税込)

日本は気候風土に恵まれ、とても水のきれいな国でした。 山に降った雨はろ過され川となり、人々の生活を守っています。 日本人の優れた美意識の根源には、 美しい水があり、この水で、他国の文化を洗練し、 日本独自の文化を創ってき … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -KANZESUI-(変り観世水)
¥16,800(税込)

江戸時代、文化文政期「華」から 「粋」へと洗練に向かいます。 その中で、有職文様に由来する「桜草唐草」が生まれました。 花茎が長く伸び、おだやかに咲く花が春の桜を思わせます。 花言葉―希望に満ちる。魔除け厄除けの意味を持 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -SAKURA KARAKUSA-(桜草唐草)
¥16,800(税込)