華唐草(Y-1089)

唐草は蔓性植物文様を意味します。「唐」といっても中国の唐の時代の柄という事ではなく、日本では渡来品、外国品という意味で「唐草」の語を使ってきました。この唐草文様の歴史は古く、世界各地の広範囲にバラエティーに富んだ文様を見る事ができます。華唐草は、平安時代の料紙に使われていた柄で、国内でからかみが作られ始めた当時の図柄を復刻したものです。

カテゴリー: 草木文様   パーマリンク

このデザインに関連する商品

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさせた形で、 それを … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HUNDO-(分銅つなぎ)
¥21,000(税込)

サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー グリーン デザイン 朽木雲 重さ 350g 生産地 京都・日本 【HAKU KARAKAMI(箔唐紙)とは】 金箔の上に版木で押した唐紙。 唐紙の持つ手仕事の風合いと金箔の … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -KUCHIKIGUMO-(朽木雲)
¥21,000(税込)

菱の実だけを食べて長生きしたという中国の仙人の伝説や、 竜の怒りを鎮めるため、女の子をいけにえとして捧げる代わりに 菱の実を差し出したというインドの仏典の説話などに由来します。 菱型には厄除け魔除けの意味があり、この文様 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HISHIKARAKUSA-(二重菱唐草)
¥16,800(税込)