光琳大波(Y-1005)

尾形光琳は、江戸中期に活躍した絵師で、琳派とは、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一等にいたる系譜を言います。
波は、見る事の出来ない宇宙からの力を視覚化したもので、その周期、リズムを壮大に表しています。 
また、波の一瞬を描き意匠化した先人の技量も賞賛されています。

紙と摺りの色は組み合わせ自由です

カテゴリー: 草木文様   パーマリンク

このデザインに関連する商品

裏千家の好み柄で、水とのかかわりが深い。  始まりも終わりも無い、 茶道の世界観をあらわしています。 サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー グリーン デザイン 細うず 重さ 350g 生産地 京都・日本 【HA … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HOSOUZU-(細うず)
¥21,000(税込)

江戸時代、文化文政期「華」から 「粋」へと洗練に向かいます。 その中で、有職文様に由来する「桜草唐草」が生まれました。 花茎が長く伸び、おだやかに咲く花が春の桜を思わせます。 花言葉―希望に満ちる。魔除け厄除けの意味を持 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -SAKURA KARAKUSA-(桜草唐草)
¥16,800(税込)

サイズ 18cm×18cm×1.5cm カラー ゴールド デザイン 向こうむき兎 重さ 150g 生産地 京都・日本 【HAKU KARAKAMI(箔唐紙)とは】 金箔の上に版木で押した唐紙。 唐紙の持つ手仕事の風合いと … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -USAGI-(向こうむき兎)
¥16,800(税込)