光琳大波(Y-1005)

尾形光琳は、江戸中期に活躍した絵師で、琳派とは、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一等にいたる系譜を言います。
波は、見る事の出来ない宇宙からの力を視覚化したもので、その周期、リズムを壮大に表しています。 
また、波の一瞬を描き意匠化した先人の技量も賞賛されています。

紙と摺りの色は組み合わせ自由です

カテゴリー: 草木文様   パーマリンク

このデザインに関連する商品

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさせた形で、 それを … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HUNDO-(分銅つなぎ)
¥21,000(税込)

直線を使った柄で、縦柄のものを『縞』、 横柄のものを『筋』と呼びます。 幾何学文様の中で、最も単純明快です。 サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー ホワイト デザイン 三部筋 重さ 350g 生産地 京都・日本 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -SANBUSUJI-(三部筋)
¥21,000(税込)

何十年何百年とかけてつくられた木目 は場所によって様々な表情を見せてくれます。 清々しさと気品ある美しさを醸し出し、私たちの心を和ませてくれます。 サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー グリーン デザイン 木目 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI
-MOKUME-(木目)
¥21,000(税込)

サイズ 18cm×18cm×1.5cm カラー ゴールド デザイン 向こうむき兎 重さ 150g 生産地 京都・日本 【HAKU KARAKAMI(箔唐紙)とは】 金箔の上に版木で押した唐紙。 唐紙の持つ手仕事の風合いと … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -USAGI-(向こうむき兎)
¥16,800(税込)