細うず(Y-1002)

裏千家の好み柄で、水とのかかわりが深い。 始まりも終わりも無い、茶道の世界観をあらわしています。

カテゴリー: 幾何学文様   パーマリンク

このデザインに関連する商品

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさせた形で、 それを … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HUNDO-(分銅つなぎ)
¥21,000(税込)

何十年何百年とかけてつくられた木目 は場所によって様々な表情を見せてくれます。 清々しさと気品ある美しさを醸し出し、私たちの心を和ませてくれます。 サイズ 18cm×18cm×1.5cm カラー グリーン×白キラ デザイ … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -YOROKEJIMA-(よろけ縞)
¥16,800(税込)