HAKU-KARKAMI -HISHIKARAKUSA-(二重菱唐草)

KM011

HAKU-KARKAMI -HISHIKARAKUSA-(二重菱唐草)  (KM011)

販売価格(税込)
¥16,800
在庫状態 : 在庫有り

菱の実だけを食べて長生きしたという中国の仙人の伝説や、
竜の怒りを鎮めるため、女の子をいけにえとして捧げる代わりに
菱の実を差し出したというインドの仏典の説話などに由来します。
菱型には厄除け魔除けの意味があり、この文様は、
平安時代の料紙によくみられます。微妙な柄違いがあり、
何枚もの版木があったものと思われます。
仏教と共に伝わった袈裟にも類似の柄を見ることができます。

サイズ 18cm×18cm×1.5cm
カラー シルバー×白キラ
デザイン 二重菱唐草
重さ 150g
生産地 京都・日本

【HAKU KARAKAMI(箔唐紙)とは】
金箔の上に版木で押した唐紙。
唐紙の持つ手仕事の風合いと金箔の持つ輝きが
どのような部屋のスタイルにもマッチします。

数量
KM011 KM011 KM011
カテゴリー: シルバー, 古典柄, 商品, 小サイズ, 箔唐紙   パーマリンク

同じカテゴリの商品

サイズ 18cm×18cm×1.5cm カラー シルバー×白キラ デザイン よろけ縞 重さ 150g 生産地 京都・日本 【HAKU KARAKAMI(箔唐紙)とは】 金箔の上に版木で押した唐紙。 唐紙の持つ手仕事の風合 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -YOROKEJIMA-(よろけ縞)
¥16,800(税込)

菱の実だけを食べて長生きしたという中国の仙人の伝説や、 竜の怒りを鎮めるため、女の子をいけにえとして捧げる代わりに 菱の実を差し出したというインドの仏典の説話などに由来します。 菱型には厄除け魔除けの意味があり、この文様 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HISHIKARAKUSA-(二重菱唐草)
¥16,800(税込)

よく見られている商品

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさせた形で、 それを … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HUNDO-(分銅つなぎ)
¥21,000(税込)

日本は気候風土に恵まれ、とても水のきれいな国でした。 山に降った雨はろ過され川となり、人々の生活を守っています。 日本人の優れた美意識の根源には、 美しい水があり、この水で、他国の文化を洗練し、 日本独自の文化を創ってき … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -KANZESUI-(変り観世水)
¥16,800(税込)

荒波の打ち寄せる磯は、いつまでも続く生命力を感じさせます。 波は、目に見えない宇宙からの力を視覚化したもので、その周期・リズムを壮大に表しています。 島国である日本では、海に対する神秘性が強く、世界でも類を見ない程美しい … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -ARAISO-(荒磯)
¥21,000(税込)

直線を使った柄で、縦柄のものを『縞』、 横柄のものを『筋』と呼びます。 幾何学文様の中で、最も単純明快です。 サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー ホワイト デザイン 三部筋 重さ 350g 生産地 京都・日本 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -SANBUSUJI-(三部筋)
¥21,000(税込)

日本庭園では、冬の霜から苔を守るために松葉を敷きました。 茶人はこれを大切な行事とし、秋が深まると庭に松葉を敷き、 緑が徐々に茶色に変わる様子を風情としました。 紙と摺りの色は組み合わせ自由です。 サイズ 30cm×30 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI-SHIKIMATSUBA-(敷き松葉)
¥21,000(税込)