紙武とは
創業1976年の山崎商店が手がける 京からかみの新ブランドです。 古くから伝わる紋様を大切にしつつ、 そこに現代のエッセンスを加えた正統派の新しい 京からかみを提案していきます。 ひとつひとつ、手擦りが生み出すその微妙な表現の違い 和紙が醸しだす独特の風合いをお楽しみ下さいませ。
> 商品の発送について
> 送料について
> お支払い方法について

菱の実だけを食べて長生きしたという中国の仙人の伝説や、 竜の怒りを鎮めるため、女の子をいけにえとして捧げる代わりに 菱の実を差し出したというインドの仏典の説話などに由来します。 菱型には厄除け魔除けの意味があり、この文様 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HISHIKARAKUSA-(二重菱唐草)
¥16,800(税込)

裏千家の好み柄で、水とのかかわりが深い。 始まりも終わりも無い、茶道の世界観をあらわしています。 サイズ 18cm×18cm×1.5cm カラー ブラウン×白キラ デザイン 細うず 重さ 150g 生産地 京都・日本 【 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HOSOUZU-(細うず)
¥16,800(税込)

日本は気候風土に恵まれ、とても水のきれいな国でした。 山に降った雨はろ過され川となり、人々の生活を守っています。 日本人の優れた美意識の根源には、 美しい水があり、この水で、他国の文化を洗練し、 日本独自の文化を創ってき … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -KANZESUI-(変り観世水)
¥16,800(税込)

江戸時代、文化文政期「華」から 「粋」へと洗練に向かいます。 その中で、有職文様に由来する「桜草唐草」が生まれました。 花茎が長く伸び、おだやかに咲く花が春の桜を思わせます。 花言葉―希望に満ちる。魔除け厄除けの意味を持 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -SAKURA KARAKUSA-(桜草唐草)
¥16,800(税込)

日本庭園では、冬の霜から苔を守るために松葉を敷きました。 茶人はこれを大切な行事とし、秋が深まると庭に松葉を敷き、 緑が徐々に茶色に変わる様子を風情としました。 紙と摺りの色は組み合わせ自由です。 サイズ 30cm×30 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI-SHIKIMATSUBA-(敷き松葉)
¥21,000(税込)

何十年何百年とかけてつくられた木目 は場所によって様々な表情を見せてくれます。 清々しさと気品ある美しさを醸し出し、私たちの心を和ませてくれます。 サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー グリーン デザイン 木目 … 続きを読む

HAKU-KARKAMI
-MOKUME-(木目)
¥21,000(税込)

裏千家の好み柄で、水とのかかわりが深い。  始まりも終わりも無い、 茶道の世界観をあらわしています。 サイズ 30cm×30cm×1.5cm カラー グリーン デザイン 細うず 重さ 350g 生産地 京都・日本 【HA … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HOSOUZU-(細うず)
¥21,000(税込)