「紙武」は京都で最も新しい唐紙屋です。
唐紙の原点となる古くから伝わる紋様を大切にしつつ、
従来の唐紙にはなかった新しい素材・形状・図柄に挑戦し、
時代の最先端を追求する唐紙ブランドです。

古来より伝わる唐紙文様には
人類の歴史、思想が込められています。
自然崇拝、民族の発展、子孫繁栄など
多くは吉祥の願いでありますが、同時に
過去からの教訓、戒めでもあります。先人の叡智である文様を学ぶことにより
道徳や信仰心を再認識出来れば
よりよい未来へ進めるものと信じています。
紙武の仕事は、文様の足跡を辿り、
知ることから始まります。

そして、唐紙が、
現代の生活空間において今よりもっと活躍できるように
紋様のもつメッセージを現代に生かせるよう
発信していきたいと思います。

コメントは受け付けていません。