「京唐紙サロン」をオープン。「初夏の京唐紙体験プログラム」受付開始。

Press Release
報道関係者各位

平成24年5月24日
株式会社山崎商店
代表取締役 山崎順平

京唐紙の「紙武」が上京区に「京唐紙サロン」をオープン
文化体験「初夏の京唐紙体験プログラム」も同時に予約受付開始

弊社はこの度、紙武(かみたけ)の「京唐紙サロン」を上京区にオープンいたしました。「紙武」は、手作りの良さが見直されるなか生まれた、京都で最も新しい唐紙屋です。古い版木を守りつつ、新しい版木の製作を行いながら、和紙・絵具・製作工程すべてにおいて、昔からある唐紙の製法を用いてひとつひとつ製作しています。
今回、本社3階にオープンする「京唐紙サロン」では、唐紙アートパネルの「箔唐紙-HAKU KARAKAMI-」を始め、障子・襖から唐紙のインテリアまで、幅広くご覧戴くことができます。
同時に、広く手作りの持つ味わいを広めていく活動として、「初夏の京唐紙体験プログラム」を開催いたします。このプログラムを通して、日本に古くから伝わる唐紙の美しさ、紙文化の美しさを感じていただくことが出来ます。

【サロン概要】
所在地: 〒602-8014  京都市上京区室町通出水下ル勘解由小路町148-8 株式会社山崎商店本社3F
営業時間:10:00〜17:00(日曜休み、完全予約制)
連絡先: TEL:075-451-8223 メール:info@kamitake.com
【初夏の唐紙体験プログラム】

開催日:6月9日(土)、16日 (土)、23日 (土)

開催時間:各日 10:00〜、13:00〜、15:00〜(2時間程度、各回定員5名)

参加費用:5000円(材料費込み)

申込み方法:ウェブサイト申し込みフォームまたはお電話

【京唐紙の新ブランド「紙武(かみたけ)」とは】

「紙武」は京都で最も新しい唐紙屋です。唐紙の原点となる古くから伝わる紋様を大切にしつつ、

従来の唐紙にはなかった新しい素材・形状・図柄に挑戦し、時代の最先端を追求する唐紙ブランドです。

【問い合わせ先】

株式会社山崎商店(担当:山崎)

〒602-8014 京都市上京区室町通出水下ル勘解由小路町148-8

TEL: 075-451-8223 FAX: 075-451-8229 Mail:info@kamitake.com

【申し込みフォーム】

[inquiryform form_id=2]

※自動返信メールが確認できない場合はお手数ですが、迷惑メールフォルダをご確認いただくか、

弊社までお電話をお願い致します。人数に限りがございますので、一度弊社より確認メールを送信させて頂きます。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク