分銅つなぎ(Y-1048)

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、
かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。
昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、
分銅自体が財宝と考えられました。
円の左右を弓形にくびれさせた形で、
それを崩してつないだ紋様です。

カテゴリー: 幾何学文様   パーマリンク

このデザインに関連する商品

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさせた形で、 それを … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HUNDO-(分銅つなぎ)
¥21,000(税込)

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさせた形で、 それを … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -BUNDO-(分銅つなぎ)
¥21,000(税込)

只今入荷待ちです 分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさ … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HUNDO-(分銅つなぎ)
¥16,800(税込)

分銅は、宝尽し紋様のひとつで、 かつて両替商が金銀銅の目方を量るために使ったおもりの形です。 昔は、金銀そのもので分銅を作っていたこともあり、 分銅自体が財宝と考えられました。 円の左右を弓形にくびれさせた形で、 それを … 続きを読む

HAKU-KARKAMI -HUNDO-(分銅つなぎ)
¥16,800(税込)